Top > 健康 > 「糖尿病」とは何か

「糖尿病」とは何か

「糖尿病」とは何か 

「糖尿病」は、生活習慣などによって知らぬ間に進行し、 合併症も引き起こす、恐ろしい病気です。 

初期の軽症な段階では自覚症状が乏しい糖尿病。しかし、放置しておくと、どんどん進行し、やがては神経障害や網膜症・腎症などを併発して、最悪の事態に陥ることもあります。 

●最も多い糖尿病は過食や運動不足が原因 

糖尿病は、膵臓でつくられるインスリンの分泌が悪い、あるいはその働きが良くないために、血液中のブドウ糖(血糖)の量が異常に多くなる病気です。

インスリンは、さまざまな栄養素の代謝に必要なホルモンであり、この分泌や作用が不足すると代謝が乱れ、利用されない糖が血液の中にたまって血糖値が上昇してしまいます。その結果、糖が尿に出るようになることから「糖尿病」と呼ばれています。 

青坂式糖尿病改善プログラム

糖尿病には、「インスリン依存型糖尿病(Ⅰ型)」「インスリン非依存型糖尿病(Ⅱ型)」「その他の特定の原因による糖尿病」「妊娠糖尿病」の4つのタイプがあります

 

 

健康

関連エントリー
「糖尿病」とは何か 精力面でも元気でいたいサプリメントで口臭を防ぐ努力をする
カテゴリー
更新履歴
欲しているような(2019年4月 2日)
気になる卓上カレンダー(2019年3月30日)
100が切れた時(2019年1月15日)
「糖尿病」とは何か (2019年1月11日)
つぶより野菜(2019年1月 9日)